エネミーライン

昨日、実はもう一本見ました。

それはエネミーライン。

結構前の映画ですが
さすがに借りるDVDもそこを付いてきて
手を出しました。

出演者は、
私が知っているのはジーンハックマンのみ。

ストーリーは
セルビア?とNATO軍との和平の直前で
いっちゃいけないところに
軍での仕事に退屈していた
若きパイロットがいっちゃって、
見てはいけないものを見て、撃墜されたって話。
そんで、そこを取り仕切っている
司令官のジーンハックマンが助けに行こうとするが
さらにお偉いさんが、

「いっちゃいけないところにいったパイロットが悪い。
見殺しにしろ。和平が崩れたらどうすんだ。」

っていうわけ。
でも、最終的には助けるんだなぁ。

でも、コレって判断難しいよなぁ。
軍のためにがんばっている人を
助けるのは大切だけど、
国家としては和平の締結が最優先だし・・・
※和平にならないと、また兵士を送り込まなければならないし

うーん、難しい。

映画としては
・入っていいエリアまでパイロットが走って移動した
・セルビアでは和平とは言いながら、戦闘が行われている
・セルビア軍の気持ちとしては和平は表向きだけ

という流れを見せて、
結果、助けに行った。
※ジーンハックマンは窓際に移動した。

でも、実際こういう場面がきたら
判断は難しいよなぁ。

やっぱり、自分の立場だけで
考えたほうがいいのかなぁ・・・・
[PR]
by cho-macho | 2005-01-28 14:13 | 映画・ビデオ
<< ホントはもう一本見てたんです キングアーサー >>